間違えたら大変なことに!男性と女性の抜け毛の原因と対策方法

間違えたら大変なことに!男性と女性の抜け毛の原因と対策方法

 

 

抜け毛や薄毛というと、“男性の悩み”というイメージが強いのではないかと思いますが、最近では女性でも同様の悩みをお持ちの方が増えています。

 

同じ抜け毛・薄毛の悩みなんだから、男性も女性も同じ対策をすれば大丈夫だと思われがちですが、実はそれは違うんです!抜け毛の原因は男女で異なり、そうなると対策ももちろん異なります。では、男女で一体どのような点が異なるのか、詳しく見ていきましょう。

男性の抜け毛の原因・対策

男性の薄毛・抜け毛の原因は、主に男性ホルモンの影響にあり、親から子へと高確率で遺伝していくのが特徴です。また、髪の毛の抜け方は、脱毛の原因となる5αリダクターゼが多く分布している額の生え際やつむじから徐々に抜けていくことがほとんどです。これ以外の特徴としては、抜け毛が徐々に増えていくことが挙げられます。健康な方でも1日に50〜100本程度は髪の毛が抜けるものなのですが、薄毛が進行していく方だとその倍の200本程度抜けると言われています。

 

男性の薄毛・抜け毛の対策としては、まず男性型脱毛症に有効な成分を含む薬の服用や、有効成分が配合されている育毛剤の使用が挙げられます。男性型脱毛症に効果があるとされる成分にはミノキシジルやフィナステリドといったものがあります。薬はもちろん、育毛剤も配合している量が多いと副作用が心配されるため注意が必要ですが、薄毛や抜け毛の改善には期待できます。

女性の抜け毛の原因・対策

女性の薄毛・抜け毛の原因は、主にびまん性脱毛症にあります。これは部分的に抜けていくというわけではなく、髪の毛の1本1本が細くなり、髪の毛の総数に変わりはなくてもボリュームがダウンしたかのように見えてしまうのです。びまん性脱毛症は、これ以外にツヤがなくなる、抜け毛が増えるなどの症状が起こります。特に女性ホルモンの分泌が減る更年期では顕著に現れます。びまん性脱毛症以外にも、パーマやカラー、きつく縛ったポニーテールなどの髪型も、頭皮に負担をかけて頭皮環境が悪化し、薄毛・抜け毛の原因となることがあります。

 

また、女性特有の抜け毛として、妊娠や出産でホルモンバランスが崩れることによって起こる抜け毛があります。妊娠・出産をきっかけとする抜け毛は一時的なものである場合がほとんどです。1年ほど経てば落ち着くことが多いですが、多くの女性が経験し、真剣に悩まれる方も少なくありません。“髪は女の命”ともしばしば言われますし、美しい髪を保つことは女性にとって特に重要ですものね!

 

女性の薄毛・抜け毛の対策としては、食事やサプリメントなどで女性ホルモンを補う、頭皮マッサージや正しいシャンプーで頭皮環境の改善を図る、髪の毛や頭皮に負担がかかる髪型やヘアケアをしない、といったことが挙げられます。パーマやカラーなどは女性のおしゃれには欠かせないことかもしれません。しかし、「おばあちゃんになってもボリュームがあってツヤ・ハリもある美しい髪の毛を保ちたい!」というのであれば、早いうちから対策をしていった方が良いのではないでしょうか。

男性・女性の抜け毛に共通した対策

間違えたら大変なことに!男性と女性の抜け毛の原因と対策方法

 

 

育毛剤やサプリメントなどを取り入れるのもいいですが、一番の対策としては、生活習慣を見直していくということに尽きます。食事のバランスを改善する、適度な運動を取り入れる、ストレスを解消する、質の良い睡眠をとる、タバコをやめるなど、今からでもできることはたくさんあります。

 

一度に全てをやろうとしても続けるのは難しいでしょうから、まずはできることから始めて、長く続けられるようにしたいですね。

まとめ

 

男性の薄毛の原因:男性ホルモン、遺伝によるもの

 

女性の薄毛の原因:びまん性脱毛症、ホルモンバランスの崩れ

 

 

このポイントをぜひ覚えておいてくださいね!

 

そして、育毛剤などの育毛グッズを取り入れる前に、ぜひ生活習慣を見直し、改善に努めましょう。