キャピキシルとグロースファクター治療はどっちが良い?

 

キャピキシルとグロースファクター治療はどっちが良い? 

 

 

キャピキシルとグロースファクター治療どちらの方が良いのか?という点ですが、これは実は比較は難しいのです。

 

 

なぜかと言いますとキャピキシルとグロースファクター治療では役割が違うんです。

 

 

  • キャピキシルは既存の毛を脱毛させずないようにAGAの進行を遅らせて、その既存の毛を成長させることがキャピキシルの役割です。
  • それに比べてグロースファクター治療というのは毛髪の細胞を作り出すというのが目的なので、今髪が生えてないところにアプローチして髪を生やすというのが役割です。

 

 

 

そうなるとグロースファクターの方がイイんじゃないか?という疑問が出てくるのでが実は頭皮には毛が見えないけど、頭皮(表皮)の下に毛が隠れてることは多いんですよね。

 

 

なので実は隠れていて薄毛に見えてるだけで、キャピキシルで育毛する方が良い場合があります。

 

 

なのでどっちが良いかは判断が出来ないのですが、おすすめなのはどちらも行うことです。そうすればすでに毛根が死滅してしまってる人でも毛が育たず表皮に毛が出てない人にも両方にも対応できますので^^

 

ただグロースファクター治療は非常に高価である・・・

 

ただグロースファクター治療をクリニックでしてもらう場合、ある程度お金がかかるという点を考慮しなければいけません。クリニックにもよりますが某東京のクリニックでは1回のグロースファクター治療で60,000円費用がかかります。

 

クリニックと併用してキャピキシルの塗布をしてたらお金が結構かかってしまいます。。

オススメなのはキャピキシルとグロースファクターを含んだ育毛剤♪

 

 

 

グロースファクター治療をクリニックで行うとかなり高額になってしまいますので、おすすめはキャピキシルとグロースファクターの両方を含んだ育毛剤を使うことです♪

 

まぁ私がこのサイトで紹介してるものなんですけど、deeper3dという育毛剤(正確にいうと育毛剤とは言わず化粧品の部類)はこの2つの成分を含んでます。

 

 

それにも関わらず値段もひとつ13,860円(税込)で買うことが出来ます。先ほどのAGAクリニックの例だと1回の治療が60,000円、税込64,800円なので約50,000円も安くなります。

 

 

もちろんクリニックのグロースファクター治療と比べたらグロースファクターの総量が違うのかもしれませんが、deeper3dにはキャピキシルも含まれてるので5αリダクターゼを抑えてAGAの進行を止めることも出来ますので一石二鳥と言えます。

 

 

グロースファクターだけの場合、AGAの進行を抑える役割ではないので、せっかく発毛できてもAGAの原因を絶たない限り今後も抜け毛は増える可能性はありますからね。。

 

 

なので抜け毛・薄毛で悩んでる方はキャピキシルとグロースファクターの両方が含まれたdeeper3dを試してみるのも手だと思いますよ。

 

 

以下では私がdeeper3dの口コミや成分を詳しく評価してますので参考にしてみてくださいね♪